伊賀まちかど博物館

ジャンル別一覧

コレクション
 技
うまいもん
空間 (建物、環境…)・自然

エリア別一覧

伊賀市 上野エリア
伊賀市 阿山エリア
伊賀市 伊賀エリア
伊賀市 青山エリア
伊賀市 大山田エリア
伊賀市 島ヶ原エリア
名張市
 

お問合せ先

伊賀まちかど博物館推進委員会

三重県伊賀地域防災総合事務所
総務生活課
〒518-8533
伊賀市四十九町2802
電話 0595-24-8137
FAX 0595-24-8010
e-mail gchiiki@pref.mie.jp

  >> 一覧ページに戻る 
伊賀市[ 上野阿山伊賀青山大山田島ヶ原 ]/ 名張市
 
【3】伊賀焼窯元龍芳窯  
写真
【住 所】名張市箕曲中村1292-3
【館長名】山崎 龍芳
【電 話】0595-64-1488・090-3458-6258
【開館・予約】10:00〜16:00
 要予約(10〜15名) 不定休
【交 通】近鉄名張駅下車徒歩20分・車7分
【URL】http://www.ryuhogama.com/
自営業をしながら30歳ごろから近所の陶芸家に教わり、陶芸を始められ、プロの陶芸家に転じて20年。伊賀焼にこだわり、釉薬を使わない手法で、独特のビードロ、火色、灰かぶりの技は必見です。陶歴は約30年、「伊賀焼」の真髄のお話が興味深く聞くことができます。体験場も充実しており、陶芸ファンの裾野を広げられています。
マップ

 

【9】火縄博物館  
写真
【住 所】名張市上小波田964
【館長名】岩嵜幸三
【電 話】0595-65-3131
【開館・予約】12月〜2月 要予約
【交 通】三交バス「上小波田」下車徒歩5分
竹の火縄は火持ちがよく、薬品(硝石)を加えなくても水をかけない限り火が消えることがありません。今では青竹の火縄は名張市小波田産が全国ただひとつとされています。大晦日の京都・八坂神社の「おけら火」用として使用されていることが有名です。
マップ

 

【11】ステンドグラス & ウッド TASTE FACTORY GLAD  
写真
【住 所】名張市つつじが丘南5番町268
【館長名】平野秀人・三佐子
【電 話】0595-68-0925
【開館・予約】
午前10時〜午後8時 要連絡 【月・火曜日】
【交 通】三交バス「つつじが丘」下車すぐ

【URL】http://www.classa-net.com/glad/
【E-mail】tf-glad@cameo.plala.or.jp
ステンドグラスと木工や陶芸を組み合わせ、従来のステンドグラスには見られなかった試みを、思いつくまま自由に発想しながら作品を作っています。気軽に人が集える様な場所にしたいと思っています。 
マップ

 

【12】伊賀竜口「工房&ギャラリー"和"」  
写真
【住 所】名張市竜口782
【館長名】高田 和弘(たかだ かずひろ)
【電 話】
0595-64-3578・090-5035-6808
【開館・予約】
原則10:00〜16:00(予約時確認)・休館不定期 要予約
【交 通】
・名張駅東口より「ホットバス錦」大和竜口行き約30分「下竜口」下車徒歩約300m戻った左手上
・近鉄赤目口駅より三交バス赤目滝行き終点より約2.5`
・車:赤目滝橋より西へ約2`

【E-mail】miwagama@gmail.com
赤目四十八滝口から西へ約2.5`の伊賀竜口、春は緑と数百本の山桜、初夏にはホタルが舞い、秋は紅葉に抱かれるなごみの里山に「伊賀龍口窯」(共同窯)「み和窯」(夫婦窯)二つの穴窯と「工房&ギャラリー和」を常設、1989年名張市の故中村昇仙氏に夫婦で師事、伊賀焼の伝統に学びながら釉薬を使用せず、赤松で焚く穴窯の土と炎が創り出す自然焼成にこだわる夫婦の作品が展示されている。 
マップ

 

【17】花峰(かほう)木彫博物館  
写真
【住 所】
(教室)名張市百合が丘東9-281
(工房)名張市神屋3003
【館長名】長谷川重峰
【電 話】0595-64-0444(教室)
【開館・予約】要予約 予約の電話は教室へ
【交 通】三交バス「東三番町」下車すぐ
木彫作家長谷川重峰さんの博物館。木彫彫刻の製作工程が説明つきで見学できます。写実性と、繊細さを大切にしている作品には木の持つあたたかさがつまっています。
マップ

 

【25】方隆窯・志乃ギャラリー  
写真
【住 所】名張市赤目町新川284-18
【館長名】篠田正隆
【電 話】0595-64-0923
【開館・予約】要予約(絵付・作陶体験)
【交 通】近鉄赤目口駅下車徒歩15分
全国各地の土人形と土鈴の収集と館長の製作により、1万3千におよぶ作品が展示されています。江戸時代に琉球で作られた「張り子」は、自慢のコレクションのひとつです。土の持つ温もりを子ども達や高齢者にも感じてもらうことが館長の願いです。
マップ

 

【28】花工房たんぽぽ  
写真
【住 所】名張市つつじが丘南8-159
【館長名】押切照美・管田薫
【電 話】0595-68-3756(押切)/68-3357(管田)
【開館・予約】月・金曜日 10:00〜17:00 要予約
【交 通】三交バス「つつじが丘南7番町」「同南8番町」下車徒歩5分
野山に咲く草花を押花にした作品約100点展示しています。障子や屏風などの大物から、軸、額、皿、手帳などに押花で風景などの絵を描いた作品と幅広く観ることができます。二人の仲良し館長さんが楽しみながら作品づくりをしている様子がよく分かります。
マップ

 

【31】手づくり工房 木まま館  
写真
【住 所】名張市百合が丘東7-46
【館長名】岩森祥治
【電 話】0595-64-9267
【開館・予約】要予約
【交 通】三交バス「名張西高前」または「(百合が丘)小学校前」下車徒歩10分
杉、ケヤキ、桜材、それに流木等を拾って長期間乾燥、保存し、作品に仕上げています。花器や盆、菓子器、置時計、衝立てなど100点を展示しています。近くにある工房での見学も可能です。
マップ

 

【32】彫金工房 ビーンズ  
写真
【住 所】名張市百合が丘東1-169
【館長名】岡本和宣
【電 話】0595-64-7715
【開館・予約】11:00〜19:30 火曜日定休
【交 通】三交バス「百合が丘東1番町」下車すぐ
【URL】http://www1.odn.ne.jp/~beans/
銀を主材料に、彫金によるオリジナルアクセサリーを製作しています。指輪やネックレスなどを中心として、館内には約200点の作品を展示しています。製作工程および日によっては鋳造作業の見学もできます。長年のキャリアを誇る館長のこだわりの作品を体感できます。
マップ

 

【33】トール・ペイントミュージアム アトリエピュア  
写真
【住 所】名張市梅が丘北1-131
【館長名】三好みつ代
【電 話】0595-64-2861
【開館・予約】10:00〜18:00 要予約
【交 通】三交バス「梅が丘1番町」下車徒歩3分
トール・ペイントの作品を自宅である博物館に300点以上展示してあります。家具の扉やお皿、お盆、時計などなど、普段の生活にかかせないものに素敵な図柄が施されています。また傷んだ日用雑貨や家具などもペインティングすることで、趣も違ったものに仕上がります。簡単な体験も可能です。(材料費実費)
マップ

 

【35】手づくりバッグ・玲  
写真
【住 所】名張市梅が丘北1-56
【館長名】井上玲子
【電 話】0595-63-3937
【開館・予約】要予約
【交 通】三交バス「梅が丘1番町」下車徒歩5分
【URL】http://tedukuri-bag.com/
【E-mail】rei@tedukuri-bag.com
酒袋をはじめとし、国内外から求めた古布、そして自ら染めた柿渋染めや草木染めの布を使い、バッグを製作しています。室内には40〜50点の作品が展示され、酒袋や蚊帳などの古布が現在の感覚にマッチしたものによみがえります。
マップ

伊賀市[ 上野阿山伊賀青山大山田島ヶ原 ]/ 名張市 >> 一覧ページ  
Copyright(c)伊賀まちかど博物館. All rights reserved.