伊賀まちかど博物館

ジャンル別一覧

コレクション
 技
うまいもん
空間 (建物、環境…)・自然

エリア別一覧

伊賀市 上野エリア
伊賀市 阿山エリア
伊賀市 伊賀エリア
伊賀市 青山エリア
伊賀市 大山田エリア
伊賀市 島ヶ原エリア
名張市
 

お問合せ先

伊賀まちかど博物館推進委員会

三重県伊賀地域防災総合事務所
総務生活課
〒518-8533
伊賀市四十九町2802
電話 0595-24-8137
FAX 0595-24-8010
e-mail gchiiki@pref.mie.jp

  >> 一覧ページに戻る 
伊賀市上野阿山伊賀青山大山田島ヶ原 ]/ 名張市
 
【1】紅萌書庵(こうぼうしょあん)  
写真
【住 所】伊賀市希望ヶ丘西3丁目3-23
【館長名】
福地ヒロ&幸(ふくちひろ&みゆき)
【電 話】0595-45-6226
【開館・予約】
日曜日 午前10時〜午後4時 要予約(5名以内)
【交 通】
名阪国道壬生野IC、下柘植ICから車で8分
【URL】http://koubousyoan.jp

【E-mail】info@koubousyoan.jp
日本の書をインテリアとして飾りたい…「文字のある心地よい空間」をコンセプトに、暖かみのある消しゴムはんこと消しゴムアートとのコラボで癒し、空間の館内となっています。体験も可能です。(自分のための楽しい時間を過ごしてみませんか!)
マップ

 

【2】糸と織物博物館  
写真
【住 所】伊賀市柘植町2191
【館長名】山本恭子
【電 話】0595-45-3495
【開館・予約】月、水曜 要予約
【交 通】JR柘植駅下車徒歩20分
または 三交バス「上柘植」下車徒歩3分
綿の種から自分の手で育て、糸に紡ぎ、自ら染色し、布に織り、服に縫いあげる。そんな道筋を忠実にたどる館長が、自らの作品を展示しています。
マップ

 

【3】ガラス工芸博物館  
写真
【住 所】伊賀市柘植町5704-1
【館長名】清水幸隆
【電 話】0595-45-6810
【開館・予約】毎日 10:00〜17:00
製作体験(有料)は要予約
【交 通】名阪国道・伊賀ICすぐ
または JR柘植駅下車徒歩15分
名阪国道沿い、伊賀ドライブインの一番奥にガラス工芸品がずらりと並ぶ一角があります。そして大きなガラスに仕切られた工房の中には、今、まさに生まれようとしている作品たち。次々と変化する形、色合いに心が奪われます。
マップ

 

【4】瓢蜂まちかど博物館  
写真
【住 所】伊賀市新堂85番地
【館長名】福森 弘二(ふくもり ひろじ)
【電 話】0595-45-4717
【開館・予約】10:00〜16:00 要予約
【交 通】名阪国道下柘植ICから車2分

【E-mail】fuku0421@ict.jp
瓢箪、蜜蜂、生き物の生態など、館長の多岐にわたるお話が聞けます。展示内容は次のとおりです。
【A展示】栽培から加工まで自ら手掛けた瓢箪の展示
【B展示】自ら撮影した生き物の生態写真の展示
【C展示】飼育している蜜蜂の巣箱の展示と瓢箪栽培の展示
※瓢箪・巣箱づくりの体験もできます。(有料)
マップ

 

【5】風来窯(梟里庵)(きょうりあん)  
写真
【住 所】伊賀市小杉2037-1
【館長名】瀧本湖久
【電 話】0595-45-5803
【開館・予約】10:00〜16:00 要予約土・日曜休館
【交 通】JR柘植駅下車徒歩20分
館長が古伊賀を追求し、研究を重ねて、作り上げた桃山時代か形式の巨大な穴窯。この窯から生み出される作品は伊賀独特の窯変がかかり、訪れる人々の眼を楽しませます。予約制で陶芸教室(有料)に参加することもできます。
マップ

 

【8】ひょうたんの里 奥出  
写真
【住 所】伊賀市愛田318-3
【館長名】奥出末治
【電 話】0595-45-4881
【開館・予約】毎日
【交 通】名阪国道・下柘植ICから車2分
種から育てたひょうたんに様々な方法で彩色や絵つけを施した作品が80点以上展示されています。館長の考案による網目模様のひょうたんなど、その技法を考え始めると時間のたつのを忘れそうです。
マップ

 

【11】わら細工博物館  
写真
【住 所】伊賀市川東4414
【館長名】川東農業会議村おこし 代表 界外寛
【電 話】
0595-45-2570(代表者宅)
0595-45-3503(作業場)
【開館・予約】10〜3月 要予約
【交 通】JR新堂駅下車徒歩30分
または 三交バス「川東」下車徒歩10分
しめ縄、福俵、宝船など、わらを素材にした様々な工芸品を作る作業場が博物館です。館内には青刈りされたわらの香りが漂い、黙々と作業をする男衆の姿。予約制でしめ縄づくりも体験(有料)できます。
マップ

 

【13】工房「岳」 WOOD LAND  
写真
【住 所】伊賀市希望が丘西5-10-8
【館長名】下村等
【電 話】0595-45-5938(平日17:00以降)
【開館・予約】土・日曜、祝日 要予約
【交 通】名阪国道・下柘植ICから車10分
木の温もりを感じさせるログハウスの中には、キーホルダーからテーブル、棚まで木の質感にあふれた作品たち。すべて館長が仕事の合間や休日に手作りしたもので、自然や森を愛する館長がモチーフに選ぶのは「クマ」がほとんどだそう。
マップ

 

【14】大林よろい・工芸品製作館  
写真
【住 所】伊賀市柘植町9473-5
【館長名】大林忠夫
【電 話】0595-45-5567
【開館・予約】要予約(1週間前までに)
【交 通】JR柘植駅下車徒歩15分
または 名阪国道・伊賀ICから車5分
有名武将の甲冑の補修復元も手がけたことのある館長は、「甲冑師」として先祖代々の技を受け継いでいます。甲冑製作に必要な道具や材料、補修、復元中の甲冑も館長の語りとともに見学でき、時代絵巻にも似た神秘とロマンの世界が感じられます。
マップ

伊賀市上野阿山伊賀青山大山田島ヶ原 ]/ 名張市 >> 一覧ページ  
Copyright(c)伊賀まちかど博物館. All rights reserved.